産経オンライン英会話とレアジョブ英会話、ぶっちゃけどっちが良い?比較してみた結果!

 

「産経オンライン英会話とレアジョブ英会話、どっちがいいんだろう…?」

 

どちらも有名なオンライン英会話スクールなので、

迷ってしまいますよね。

 

そこで、産経オンライン英会話とレアジョブ英会話の違いを比較して

まとめてみました!

 

参考にしていただければ幸いです。

 

レッスン費用とコースについて

 

 

まずは産経オンライン英会話のレッスン費用とコースについて見てみましょう。

詳細は以下の通りです。

 

産経オンライン英会話のレッスン費用とコース
毎日25分1回のコース 5,980円(税込)
毎日25分2回のコース 9,800円(税込) 金・土・日
25分2回のコース   5,980円(税込)

 

産経オンライン英会話は忙しいビジネスマンのために

金・土・日のコースがありますね。

 

「平日は仕事が忙しくて時間がとれないけど、休日に一気に英会話を学びたい!」

 

という方にうってつけのコースですね!

 

続いて、レアジョブ英会話のレッスン費用とコースについて見てみましょう。

 

レアジョブ英会話の料金プラン

【日常英会話コース】

月8回25分  4,536円(税込)

毎日25分1回 6,264円(税込)

毎日25分2回   10,476円(税込)

毎日25分4回 17,280円(税込)

 

【ビジネス英会話コース】

毎日25分1回 10,476円(税込)

 

【中学・高校生コース】

毎日25分1回 10,476円(税込)

 

レアジョブ英会話には産経オンライン英会話と違い、コースが多いのが特徴です。

 

「外国人の友達を作ってみたい!」

「海外旅行に行くために英会話を学びたい!」

 

という方は日常英会話コース、

 

「英会話を習得して自分の仕事に生かしたい!」

 

という方はビジネス英会話コース、

 

「中学・高校生の子供に英会話を学ばせたい!」

 

という方は中学・高校生コースがおすすめです。

 

産経オンライン英会話と、レアジョブ英会話の料金を比べてみると

 

産経オンライン英会話の毎日25分コースが5,980円

レアジョブ英会話の毎日25分コースが6,264円です。

 

産経オンライン英会話の方が284円安いですね。

 

しかし、レアジョブ英会話にもコースのバリエーションが多いという利点もあるので

細かい価格を気にしない方であればレアジョブ英会話もいいと思います。

 

教材について

 

 

次に、二つの教材の違いを比較してみました。

 

【レアジョブ英会話】

4,000以上の教材から自分のレベルや目的に合った教材があります。

TOEICやTOLF対策のための教材もあるので

自分の伸ばしたい所、克服したい所を重点的に学習することができます。

 

【産経オンライン英会話】

 

レアジョブ英会話と教材の内容は似ていますが、レアジョブ英会話よりは

バリエーションに少し欠けてしまいますね。

 

しかし、産経オンライン英会話はレアジョブ英会話にはない

「職業別英会話」という教材があります。

 

この教材では「レストラン」「小売店」「鉄道」「タクシー」「郵便局」など

外国人と関わりが多い職業の方に向けて作られた教材です。

 

2020年に東京オリンピックが開催されるので

もしあなたがこれらの職種の方であれば産経オンライン英会話で

受けてみるのもいいかもしれませんね!

 

レッスンが受けられる時間について

 

レッスンの時間は

 

レアジョブ英会話が朝6時から夜1時まで、

産経オンライン英会話は朝5時から夜1時までレッスンを受けることが出来ます。

 

産経オンライン英会話の方が一時間早くレッスンを受けることが出来るので

 

「早朝しか時間が取れない!」

 

という方であれば産経オンライン英会話がおすすめです。

 

特にレッスン時間に問題がなければ

他のポイントで決めてみましょう。

 

講師のレベルについて

 

二つのスクールの講師についてなのですが

評判を見て比較してみたところ、どちらのスクールも

講師のレベルに関してはさほど変わらない事が分かりました。

 

どちらかを選ぶのであれば、サービスや料金を見て決めるのがよいと思います。

 

予約のシステムについて

 

レッスンの予約はレアジョブ英会話だと5分前まで、産経オンライン英会話は30分前まで出来ます。

また、キャンセルについてはレアジョブ英会話は30分前、産経オンライン英会話は一時間前まで可能。

 

特にレアジョブ英会話は5分前まで予約出来るので

忙しい方でも使いやすいと思います。

 

サービスの違いについて

 

最後に産経オンライン英会話とレアジョブ英会話のサービスの違いについて解説していきたいと思います。

 

産経オンライン英会話は教育ISOという

「ISO29990:2010」「ISO29991:2014」の二種類の語学サービスの認証を取っています。

 

しかも、その資格を取っているのは産経オンライン英会話がオンライン英会話スクールで

初めてということが分かりました!

 

料金だけではなくレッスンの質も期待できそうですね。

 

続いて、レアジョブ英会話には

 

無料で2回、日本人スタッフによるカウンセリングを受けることが出来ます!

 

いきなり日本人ではない講師にレッスンを受けるとなると緊張してしまいますよね。

また、多くの方は英会話の勉強法について悩んでいると思います。

 

ですがレアジョブ英会話にはそんな悩みを聞いてくれて的確な答えを返してくれる

英会話のプロのカウンセラーがいるので、とても心強いサービスですね

 

産経オンライン英会話とレアジョブ英会話、どっちがいい?

 

産経オンライン英会話とレアジョブ英会話を比較してみましたが、いかがだったでしょうか。

 

私が個人的におすすめするのがサポートが手厚いレアジョブ英会話です。

 

しかし、どちらのスクールも実際に体験してみなければ分からないですよね?

 

そこで産経オンライン英会話とレアジョブ英会話には

無料体験レッスンを2回行うことが出来ます!

 

レアジョブ英会話に関しては体験レッスンだけではなく

カウンセリングも無料で行っているので

 

まずは体験してみてどちらのスクールがよいオンライン英会話スクールなのかを

あなたの目で見て確かめてみてはいかがでしょうか?

 

体験レッスン2回とカウンセリングが無料!レアジョブ英会話の体験レッスンを受けてみる!

産経オンライン英会話の体験レッスンを無料で2回受けてみる!

厳選英会話スクール3選
トックンイングリッシュ(TOKKUN-ENGISH)
最短2ヶ月でネイティブな英会話をマスターする
「趣味で英語をやりたい人は来ない方がいい」
と言い切るほどのスパルタだ。
その代わり、
最短、最速で英語をマスターすることができる英会話スクール。
本気のあなたは一度無料説明会に参加してみる価値はあるだろう。
ガチで英語を身につけ、ビジネスでネイティブ英語を話したいならトックンイングリッシュ1択だ。

 

 

トライズ(TORAIZ)

英語が全く話せなくても、トライズなら1年で英語が身につきます。
”続けられる・成果が出る”から満足度96.9% 「TORAIZの専属コンサルタントの存在は絶大だ。」 1000時間をパーソナルコンサルタントと相談しながら結果を導く。 ここまでやってくれる英会話スクールは他にない。
英語の基礎を固め、なおかつネイティブな英語を学べるスクールをトライズ以外に私は知らない。

 

ライザップイングリッシュ(RIZAP ENGLISH)

あのライザップが今度は英語で結果にコミットする。
RIZAP ENGLISHは、1人では挫折しがちだった英語学習を 専属トレーナーが完全マンツーマンでサポート。 英会話を独学で初めて挫折したあなたにはうってつけだ。 結果にコミットするライザップ。 週2回の超高速PDCA学習法を採用。 時間がないあなたでも大丈夫だ。
時間がないあなただからこそ、ぜひライザップイングリッシュに取り組んで欲しい。
関連キーワード
  • レアジョブの講師ってかわいいと評判だけど本当?英語力上達に意外な効果も!?
  • レアジョブの口コミを徹底調査!メリット・デメリットの観点で整理してみた!
  • レアジョブは予約取れないって本当?傾向と対策を徹底解説します!
  • レアジョブは年末年始も受講可能?長期休暇でしか出来ないことをやろう!
  • レアジョブ申し込み前にやっておくこととは?後悔したくないなら実施しよう!
  • レアジョブのおすすめ教材は?効率よく英語が学習できる選び方を解説します!
この記事を読んだ人はこの記事も読んでます