TOEICで700点以上だけでも転職は成功しない?その理由について迫ってみた!

「TOEICで700点以上とって転職したい!」
「転職するためにはTOEICのスコアを底上げしないといけない!」

 

TOEICのスコアをアップさせて転職活動を成功させたいならそう思ってるのではないでしょうか。

 

TOEICで700点以上取ると転職するときに

どのような結果をもたらしてくれるのかについて調べてみました。

 

TOEICで700点以上取ることのメリット

TOEICのスコアを700点以上取るとこんなメリットがあります。

 

・外資系企業の転職に有利になる

 

大抵の外資系企業の転職で必要なTOEICスコアの設定は700点になっています。

転職エージェントのサイトでもTOEICのスコアが700点を超えている人にのみ求人が多い傾向にありますね。

転職して収入アップを目指したいのなら700点以上は取っておきたいですね。

 

ですが…

 

TOEICのスコアを700点以上にしても転職を成功させるのはハッキリ言って難しいんです…。

 

なぜ難しいのでしょうか?

 

TOEICのスコアアップだけでは転職を成功させるのは難しい?

geralt / Pixabay

 

TOEICのスコアはだけでは転職を成功させるのに不十分なんです。

TOEICのスコアが高いからといって実際にビジネスで必要な英会話が出来るのか、

そしてその英語力をどうやって仕事で生かすのかを面接の場でしっかりと答えられるようにならなければ

 

「TOEICのスコアが高いだけの人」

 

と思われてしまうかもしれません・・・

 

TOEICのスコアアップ以外にも転職するために必要な要素があります。

TOEIC以外に転職を成功させるのに必要な要素とは?

TOEICのテストだけでは身につけることが難しい要素、それは

 

・ビジネスで必要な英会話スキルの向上

・発音の矯正や音声知覚の強化

・語彙力の強化

 

この三つの要素がTOEICのスコアだけでは足りないあなたの転職の成功に必要な要素になります。

 

しかもその要素、独学で英語を勉強しているとなると
身に着けるのが結構大変なスキルでもあります。

 

なぜなら、

 

・客観的に自分の英会話のスキルはビジネスで通用するのか?
・自分の発音は本当にあっているのだろうか?
・英会話をビジネスで使っていくとなったら語彙力は足りているのだろうか?

 

ということが独学でやっていると分からないことが多いからです。

 

ましてや私たち社会人は時間がありません。

英語を勉強する時間を自主的に確保することも難しいと思います。

 

英語を今後のビジネスで生かしていきたいと思っているのならば

年単位で独学で英語を勉強するよりも、

 

短期間でプロの専属コンサルタントにマンツーマン指導してもらい、

実践で使える英語力を身に着けた方が長期的に考えてかなりお得だと思います。

 

その短期間で英語力を底上げしてくれるスクールが、

 

この『トックンイングリッシュ(プログリット)』です。

たった2ヶ月でTOEICのスコアアップや英語力を底上げ出来るのがこの『トックンイングリッシュ(プログリット)』

 

PROGRIT(プログリット)では

 

2ヶ月という短期間で最短最速で英語力を底上げする

 

ということがコンセプトになってます。

 

プロの専属コンサルタントが誠心誠意を込めてあなたに英語をコーチングしてくれるので

あなたを最短最速で結果が出るように導いてくれます。

なぜ『トックンイングリッシュ(プログリット)』が最短最速で結果が出るのか?

 

PROGRIT(プログリット)は一人一人個人に合わせて専属コンサルタントがカリキュラムを組んでくれます。

どこが伸び悩んでいるのか、どこが足りないのかをテストとヒアリングによって最善策を提示してもらえるので

最短最速で結果を出すことが出来ます。

 

また、徹底したスケジュール管理も行ってくれるので

どんなに仕事が忙しくて時間がなかったとしても

一日3時間英語を学習せざるを得ない状況を用意してくれるので

 

受講終了後も英語を学ぶ習慣という今後生きていく習慣を身につけることが出来ます。

 

『トックンイングリッシュ(プログリット)』のTOEICコースの詳細について

 

PROGRIT(プログリット)のTOEICコースは

 

・発音矯正
・基礎的な文法の取得

・語彙力強化
・音声知覚の強化

 

この四つのスキルを短期間で身につけることが出来ます。

TOEICの教材のみでは学ぶことが難しいことを

PROGRIT(プログリット)ではマンツーマン指導を受けることができるので

実践のビジネスで使える英語力を養うことが出来るようになります。

 

ですが、マンツーマン指導のスクールとなると

独学で英語を勉強するよりもお金がかかります。

 

独学で自分のペースで勉強したいのであれば

TOEICの教材でスクールに通わずにやった方がいいと思います。

 

でも、あなたがもし

 

「転職するためには英語力を底上げしないといけない!」
「仕事でTOEICのスコアを短期間でアップさせないとダメだ!」

 

と思っているのであれば

 

PROGRIT(プログリット)で受講することをおすすめします。

 

もちろん、短期間で結果を出すことにフォーカスしているので
この2ヶ月の特訓は楽ではありません。

 

生半可な気持ちで受講するのはやめたほうがいいと思います。

 

「本気で短期間で英語を学び、今後の人生に生かしたい!」

 

と考えているのであれば

こちらのサイトでPROGRIT(プログリット)の詳細と費用について詳しく説明しているサイトがあるので

詳しくはこちら↓をチェックしてみてはいかがでしょうか。

『PROGRIT(プログリット)』の受講費用と詳細をもっと詳しく見てみる

 

『トックンイングリッシュ(プログリット)』は本当にあなたにとって価値があるものなのか?

とは言うものの、あなたにPROGRIT(プログリット)が本当に受講するのが最善の選択かどうかは

実際に行ってみないと分からないですよね。

 

PROGRIT(プログリット)は受講する前に

必ず無料相談会を受ける決まりになっています。

 

この無料相談会では

 

・現在の英語力の確認

・学習状況の確認

・テスト結果の分析とアドバイス

 

この三つを受けることができるので

行ってみるだけでも価値があると思います。

「このスクールは自分にとって本当に良い結果をもたらしてくれるのだろうか」

「2ヶ月という短期間で自身が成長出来るのか」

 

ということを確認するために無料相談会を受けてみてはいかがでしょうか。

 

 TOEIC700点が転職のすべてではない!!PROGRIT(プログリット)の無料相談の詳細を見に行く⇒

厳選英会話スクール3選
トックンイングリッシュ(TOKKUN-ENGISH)
最短2ヶ月でネイティブな英会話をマスターする
「趣味で英語をやりたい人は来ない方がいい」
と言い切るほどのスパルタだ。
その代わり、
最短、最速で英語をマスターすることができる英会話スクール。
本気のあなたは一度無料説明会に参加してみる価値はあるだろう。
ガチで英語を身につけ、ビジネスでネイティブ英語を話したいならトックンイングリッシュ1択だ。

 

 

トライズ(TORAIZ)

英語が全く話せなくても、トライズなら1年で英語が身につきます。
”続けられる・成果が出る”から満足度96.9% 「TORAIZの専属コンサルタントの存在は絶大だ。」 1000時間をパーソナルコンサルタントと相談しながら結果を導く。 ここまでやってくれる英会話スクールは他にない。
英語の基礎を固め、なおかつネイティブな英語を学べるスクールをトライズ以外に私は知らない。

 

ライザップイングリッシュ(RIZAP ENGLISH)

あのライザップが今度は英語で結果にコミットする。
RIZAP ENGLISHは、1人では挫折しがちだった英語学習を 専属トレーナーが完全マンツーマンでサポート。 英会話を独学で初めて挫折したあなたにはうってつけだ。 結果にコミットするライザップ。 週2回の超高速PDCA学習法を採用。 時間がないあなたでも大丈夫だ。
時間がないあなただからこそ、ぜひライザップイングリッシュに取り組んで欲しい。
この記事を読んだ人はこの記事も読んでます